噛み合わせ(顎関節治療)

かみ合わせ

インプラントや審美歯科などで、見た目をキレイに治療できたとしても、機能面での治療、とくに咬み合わせ(咬合-咬合-)が正常に機能していないと後々のトラブルになることが多いです。

噛みあわせ不良の影響で、お口の中のトラブルだけでなく、身体全体に影響を及ぼすこともたくさんあります。

咬み合わせが悪いと・・・

  • 食べ物のカスが歯の隙間に詰まりやすい
  • 歯磨きの際、隅々まできれいに磨く事が難しい
  • 磨き残し⇒虫歯や歯周病の原因となる
  • 噛む回数が減る⇒唾液の分泌も減る
  • 胃腸・肩凝り・偏頭痛に影響があると言われている
  • 顎関節症(あごが鳴る、口が大きく開かない、あごの痛みなど)の症状にも繋がる

咬み合わせの不良(不正咬合)はさまざまな原因から起こります。

  • 乳歯から永久歯への生えかわる時
  • 抜歯、虫歯治療の後
  • 親知らずが生えるとき
  • 差し歯、入れ歯などを入れた後

当院の院長は、日本顎咬合学会認定医です。
咬み合わせ治療について、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

03-3610-6374

[ 診療時間 ] 平日9:30-13時/14:30-19時(土曜17:30まで) [ 休診日 ] 日・祝

診療時間土曜午後は17:30までの診療です

〒131-0032 東京都墨田区東向島2-47-13
第8安井ビル2F

東武伊勢崎線 曳舟駅 / 京成亀戸線 京成曳舟駅
徒歩 2